ジェットセットサクラ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 怠惰な日々 > 不思議な話

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.11 Tue 不思議な話

夏の頃

朝の5時

携帯にメール着信音。

朝早く起こされて
少々不機嫌になりつつも

何事かあったのかと携帯を見てみると
着信は従妹から。

内容は


さくらちゃんが雷にうたれて死ぬ夢をみました。
気を付けて。

朝から気味が悪い。
けれど従妹は悪戯でこんなメールをする娘ではない。

私はメールの内容を
しっかり受け止めながらも

しかしやがて仕事の忙しさの中で
メールの事など忘れてゆく。

そして

何事もなく夕方

果たして雷が鳴り出したのです。

私は夕方外出する予定があったため
社用車のある駐車場へ向かって社内を移動していたのですが

ふと

足を止めました。

雷の音で
朝のメールを思い出したのです。

雷にうたれて死ぬ

まさか

窓から外を眺めると
雨はまだ降っておらず

ただ雷は近くで鳴っているようでした。

嫌な予感がする

私は立ち止まり
途方に暮れつつも

じっと空を見つめていました。


刹那


一閃の光と伴に
バリバリバリという音が響いたかと思うと

駐車場にある弊社看板に
雷が落ちたではありませんか!

ドドーーーン

地響きがする
とてつもない轟音。

私は初めて見た落雷に
多少呆然としましたが

すぐに

このまま駐車場へ向かっていたら?

と、メールの内容を思い出し

恐怖のあまり
その場にへたり込んでしまいました。

その夜

私は一連の出来事を伝えるべく
従妹にメールをしようとしたのです。

しかしそこで私は異変に気づきます。



従妹から着たはずの

メールが


無い


何度も何度も携帯を確認したのに
朝見たはずのメールが無い。

何故

あのメールは一体なんだったのか。
私が寝ぼけていただけなのか。


後日、従妹と会う機会があったので
私はこの事を話してみました。

従妹は

そんなメールなんかしてないよ?

と言って
きょとんとしていました。


私はきっと誰かが助けてくれたのだろうと思い
消えてしまったメールを送ってくれた人に
今でもずっと感謝をしているのです。


不思議な話



Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。