ジェットセットサクラ

Home > 2011年01月21日

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.21 Fri コーヒーのお話

kiki


私はコーヒー飲めません。
飲めないので作れません。

入社したばかりの頃

お客様がお見えになったので
私がコーヒーをお出しすることになったんです。

インスタントコーヒー

コーヒーの粉末をカップに入れてお湯を注ぐだけ
という事は分かるのですが分量がわからない。

私   「分量どれくらい入れれば良いんですか?」
先輩  「テキトーで良いのよ、そんなもの」

そのテキトーが分からないから聞いてるんでしょー!

とか憤慨しているうちに先輩お出掛け。
同期の連中は行方知れず。

初コーヒー

薄いコーヒーをお出しするよりは
濃いコーヒーをお出しした方が失礼にあたらないだろう

そう判断した私はコーヒーの粉末を
多めに入れることにしました。

カップの半分くらい。

コーヒーとカルピスとコーンポタージュは濃い方が良い

違いの分かる女。

調子に乗ってクリープも入れてみる。

粉末だけでカップの半分を超えました。

さすがにちょっと入れすぎたかな?
と思ったけど相手は所詮粉末。

お湯に溶かしてしまえばどうという事もない。

カップにお湯を注いで一心不乱にかき混ぜタイム。

思ったより溶けない。

お湯の温度低すぎた?

とかなんとか

騙し騙し溶かした気分になったので
お客様に私の初コーヒーをお出ししてみました。

お客様 「ありがとうございます」

さすが営業マン。爽やかな笑顔ステキやん。
思わずこちらもにっこりと微笑む。

良い雰囲気。

営業マンがお仕事の話をしつつコーヒーに手を伸ばす。

そして、ひとくち











ぼふっ




まさかのリバース。

想定外の出来事に戸惑う私。
俺が一体なにをした、という目で見つめてくる営業メン。

なんて失礼なヤローだ
多少味がアレでも我慢して飲むのが男の務めだろー!

とか思ったんですけどね

カップを洗う時に底から
溶けきってない大量の粉末が出てきたのを見たときは
さすがに少しばかり反省しました。

でもさー、吐くことないのにさー




過去記事再アップ
忙しいので尺稼ぎです。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。